広報・リリース

2020 | 2018 | 2017 | 2016 |

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査2019

2020/1/8

留学事業の健全な発展と国内の留学啓蒙を目的として、民間の留学事業者等 72団体で構成される一般社団法人海外留学協議会(JAOS、理事長 加藤 ゆかり、以下、「JAOS」)は、2019 年 8月にJAOS会員である留学事業者42社を対象に日本人の留学生数の調査、『海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査2019』を実施しました。

その結果、JAOS加盟の留学事業者42社からの2018年の年間留学生数は80,566人であること、アメリカ留学一強時代から変化し、新しい留学の選択肢が選ばれ始めていることなどが明らかになりました。

留学生数の調査は、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)や、文部科学省のOECD等をもとにした『日本人の海外留学者数』などがありますが、海外の大学や大学院等の高等教育機関に留学した日本人の人数や、日本国内の大学経由などで留学をした学生の人数しか計測されていない側面があります。JAOSは『海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査』を毎年実施し、社会人や小中高校生などを含む留学生数統計データを提供しています。これにより、日本人の留学生数をより明らかなものとし、留学業界全体を正しく発展させていくことを目的とします。

↓資料はこちらからダウンロードできます。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査2019